Displaying 1 - 10 of 44 entries.

雨の日の図書館

  • Posted on 10月 7, 2014 at 11:03 PM

図書館へは良く行きますが、雨の日の図書館はなんだか特別な気がします。運のいい時、時間の早い時に行くと窓際のいい席が取れます。雑誌を読むときもありますが、気に入った本を本棚からとっては静かな中で読むのが好きなんです。図書館で読書していい所は、もし読み始めた本があまり好みではない、興味が湧かない時にいつも山ほどの本の中から次の本を選べるという事です。少し雨音が聞こえてくる、表の景色を見ると雨で湿った木々や草が濃い緑になって、なんだかいつもはハチャメチャな自分だとしても、落ち着いた雰囲気にさせてくれるのです。天気のいい日にお外で読む読書もいいですが、雨の日の図書館は格別です。空調がいつもいい具合に効いているし、皆マナーを守って静かにしてる。公共の施設で、皆が暗黙の了解で静かな場所って図書館が一番先に頭に浮かびます。確かに、お子さん連れのお母さんとかは、静かにしなさいとお子さんを言い聞かせないといけない時もありますが、そうしようとしてくれる姿勢がありがたいんです。子どものちょっとした声は、それはそれで心和やかにしてくれます。休みの日が雨の日だと困る時もあるけど、図書館に行こうと思っている日は朝から張り切って行く時があります。ここしばらく行ってないので、また近いうちに行きたいです。

かご活用法

  • Posted on 9月 22, 2014 at 3:03 PM

片づけや仕分けをするのに便利で、小さいかごを良く使います。今は100均などでいろんなサイズや色、形の物が安く買えるので重宝しています。引き出しの中を整理するのにとても便利だし、キッチンのちょっとしたものを分けておくのにも便利です。重ねて使えるかごがあるので場所も取らず一石二鳥です。入れるものによって色分けしたりすると、ぱっと見ただけで何が入っているかなどがわかって助かります。メイク道具も小分けにして入れてあります。たくさんのアイシャドーにリップ、チークなどこまごました物は一まとめにしておくと出すのも便利だし、ちらからなくていいので綺麗に見えます。最近は、いつもテーブルの上やキッチン、テレビの近くやソファーの上についつい置いてしまう読みかけの単行本も、専用のかごを用意しました。つい読みかけで置いてしまって、どこにいったか分からなくなる事が結構あるので、いつも決まった場所においておけば探す手間も省け、整頓されたように見えるので突然の来客にも対応できます。折り畳みが出来るかごも予備としておいてあります。これも重ねる事が出来るので便利です。でも、便利だからと言ってかごが増えていくのもどうかと思いますよね。整頓上手の為のかごのはずなのに、かさばっては意味がありませんよね。

カゼひき、昔と今の大きな違い

  • Posted on 9月 13, 2014 at 12:06 PM

季節の変わり目はいろいろと大変です。模様替えをしたり寝具を変えたり、カーテンを付け替えたりもします。たかがカーテンと思いきや、夏用と冬用では全く違うと言う事が、やっと身にしみてわかりました。
あとは季節が変わると体調崩したりしませんか?喉が痛くなったりだるくなったり、体重が増減したり、もちろん人によって違うんだろうけど、カゼをひく事もありますよね。夏風邪は面倒だし、冬にひくカゼは寒くて辛いです。ここ数年はたいした事は無く元気に過ごしている気がします。ちょっとだるいなと思うことはあったりするけど、寝込むほどのつらいカゼなどはひいていない気がします。子どものころ、季節の変わり目なんかにカゼをひくと、学校を休めたりしてにわか嬉しかった記憶があります。普段見れない昼間のテレビや、読みたくて仕方なかったマンガを読んだり、病気なのでごろごろしてても怒られないし、カゼをひくってなんていいんだろうなんて思ったこともありました。今はカゼをひいたら、おかゆや果物などでエネルギーとビタミン摂取を心がけ、悪化しないように布団で小説などを読んだりしてゆっくりしています。やってる事は同じようだけど、考えてる事はまるで違いますね。できれば健康に過ごせるのが一番です。

旅行の本来の目的

  • Posted on 8月 25, 2014 at 3:11 PM

車で遠出するのもいいけれど、長距離バスや電車などを使っての旅行やお出かけもおススメだと思います。寝れるし本も読めるし景色に集中もできるし快適です。一度夜中の長距離バスに乗ってみました。寝てる間に着くし安いし一石二鳥だと思いました。たまたま夜通し話をしている若者達がいてあまりゆっくり寝れませんでしたが、朝起きたら目的地に着いているというのはとても楽でした。
寝台列車とかもいいですね。なんだかとっても特別な感じがします。子どもの頃からなんですが、新幹線とかに乗るのは特別な時なので、その中で買うお弁当やお菓子、アイスクリームはいつも格別な物でした。高いんですけどね。テレビなどで見る高級寝台列車とかも憧れますが、安くて普通のでいいので、友達と楽しく旅行したいですね。お菓子を食べたり昔話をしたり恋話をしたり、目的地に行く事が目的より、楽しい時間を友達や家族と分かち合う事が大事なんですよね。一人でも、友達とでもまた近いうちに行きたいと思います。
その時は人のふり見て我がふり直す、夜行バスや寝台列車、電車など公共の物に乗るときは、周りの皆さんの迷惑にならないよう自分の行動を考えて静かに乗車しようと思います。

眠れない時にはどうしていますか

  • Posted on 8月 3, 2014 at 12:10 AM

なかなか寝付けない夜って無いですか。特に理由も無いんだけど、いつも寝る時間になってベッドに入っても目が冴えてて眠れない時とか。対処法は色々あると思うのですが、お酒を飲んだりテレビを見たり、音楽を聞いたり。学生の頃は、眠れない時に無理して寝るんならその時間を勉強しろ!という先生がいたので気分がいい時は勉強したり教科書を読んだりしていました。さすがに社会人になると教科書も無いしテキストもありません。お酒でもいいのですが、次の日仕事だとなんだか楽しめない気がしてあまり飲みません。なので私がいつも眠れない時にする対処法は難しい本を読むことです。経済がどうのこうのとか、株がどうのこうのとか、政治がどうのこうのとか。あとは新聞を読んだり。難しい本だと2ページも読むと疲れてきてああ寝ようと思えます。なるべくコンピューターやテレビは見ないようにしています。スクリーンからだされる光は眠気を遮るとどこかで聞きました。でもテレビを見ながらするうたたねは気持ちいですけどね。あとはそんな日が続く時は運動したり散歩に行ったりして体が疲れるようにしています。長風呂にしたり。体が疲れると必然的に眠くなりますからね。近くでやってるヨガにでも参加しようかと考え中なぐらいです。安眠できて運動できて、一石二鳥です。

丸く上手く行く方法

  • Posted on 7月 18, 2014 at 1:09 PM

初恋は実らない、と昔は良く聞いたものです。でも子どもの頃は、初恋の人と結婚して家族を築いて幸せな奥さんになる、みたいな夢を見ていた女の子って少なく無いと思うんですよね。恋愛小説や恋愛マンガにも良くある様に、ずっとそばにいて気づかなかったけど実は恋心をお互い抱いている二人とか、長い時を経てお互いの気持ちにきずいてやっと結ばれるみたいなの。現実そんな夢物語はなかなか存在しないけど、何年も付き合って結婚したという友達とかがいると、それはそれですごいとおもうし羨ましいとも思います。でもお互いがお互いを思いやってからこそ続いた関係だと思うし、けんかしたり言い合ったり、大変な時間も分かち合ってこその素晴らしい関係だと思うのです。
相手を思いやるって簡単そうでとても難しいと思います。それがカップル、友達同士、家族同士であっても。相手との心の距離が近ければ近いほどわがままになったり、言いたいことを言ったりして気づかぬうちに相手に嫌な思いをさせていたり傷つけたりする事もきっとあると思います。本音で向き合うこともとっても大切だと思うけど、結局みんな違う性格をもってるんだから全く同じになることは無いと思います。こんな事を頭に置きながら毎日友達や職場の人と付き合っていくと、けっこう丸く上手くいくものです。

誰かのために作る料理

  • Posted on 7月 3, 2014 at 9:51 PM

最近読んだ恋愛小説の中で、主人公の女の子が一生懸命好きな人に手作りのお菓子や料理をしている場面がありました。なんだかふと、そんな風に一生懸命になっていることなんて最近無かったなぁと思い、早速してなかった料理を再び始めてみました。誰か好きな人にあげるとか、意中の人を虜にするとか、そんな事は一切無いのですが、料理のできる人は男性でも女性でも魅力的だと思うので、最近ちょっと手抜きになっていた自分に喝を入れようと思いまして。コンビニやスパーでのレトルト、お弁当なんかで過ごす日も最近ちらほらあったので、自分の体調管理とお財布の管理を含めての自炊です。もともと料理をするのが嫌いではないので、あまり苦にはなりません。ただ、やらないとなんだかそのままずるずる、材料も無いとまたお惣菜なんかを買ってしまうので、ばっと材料を買っておけば何かと作るようになると思い今は冷蔵庫に大量の品々が入っています(笑)。でも、作る相手がいないと手抜きになってしまうのはどうしようもないですね。自分の食べたい物しか作らないし、自分の味覚にあったようにだけ作ってしまう。なので、お休みの日は友達を呼んで女子会を開いたりしようかなと思っています。皆で映画見たりおしゃべりしたり。誰かのためなら美味しいものをと思いますし。楽しい時間も作れて自分の料理の腕も上げられて、一石二鳥です。

置く場所は決めておこう

  • Posted on 6月 26, 2014 at 7:50 PM

明日は友達とある劇を観にいく約束をしています。ですが、今日ずっとそのチケットが見当たらず困っていました。財布の中カバンの中、テーブルの上や下、パソコンに挟まっていないかと家中ひっくり返して探してみたんですけど見つからないんです。せっかく友達が取ってくれたチケットなので、無くしたなんて口が裂けても言えません。職場には持っていっていないので必ず家のどこかにあるのはわかっているんです。と思い返すと、最近自分なりに大掃除をしたのを思い出しました。普段なら触らないところまで掃除したので、ある意味探すところが増えたことに気づきました。でも成せば成るです。最近読み終えた本の中に挟まっていたんです。読書が趣味なので週に何冊も本を読んでしまいます。ふと、カバンから出して置いておいたチケットが風で飛ばされないようにと挟んだことを思い出したんです。その本がどれだったかを探すのが大変でした。内容は事細かに覚えていても、本の題名が一致しない事があったりしませんか?ほとんどが「殺人事件」で終わるものが多く、大量に積み重ねた本からそれを探し出すのは一苦労でした。でも、見つかってよかったです。これで無事友達と劇が見にいけるというものです。ですが、良かれと思って挟んだチケットがこんな事態を引き起こしたなんて。置く場所は決めておいた方がいいと思う今日この頃でした。

効率を上げるための1時間

  • Posted on 6月 10, 2014 at 4:48 PM

一日の中でゆったりできる時間を必ず取ると決めています。仕事で忙しい、やらなくてはいけないことで疲れている、炊事洗濯なども含めしなくてはいけない事はたくさんあります。そんな時でも、一日に1時間はほっと一息つく時間を設けてあります。お気に入りのドリンクを用意します。美味しいコーヒーだったり、香がとってもいい紅茶だったり、甘みと苦味が微妙な味わいをもたらす緑茶だったり、日によって飲むものはばらばらですが、お気に入りの飲み物を用意して読書や音楽を聞いてほっとします。いらいらしたり疲れたときにやるべき「仕事」をしたとしてもはかどらないし、上手く行かないし納得できない結果になったりします。眠い時に勉強してはかどらないのと同じで、そんな時は30分の仮眠をとったりすると眠気も少し取れてはかどります。それと同じで、心機一転の時間なんです。頭の中が整理されて、効率的に上手く回るような気がします。まぁ、それでつい寝てしまって気がついたら2~3時間たってたことも無いとは言いませんが。たまにはそれもありでしょう(笑)。休憩している間にいろいろ考えたりもしますが、なるべく頭を空っぽにしてのんびりできるようにしています。そうすると次に取り掛かる時、いろんな事が頭の中で整理しやすくなっているから。毎日1時間とれているわけではないけど、リフレッシュには欠かせない1時間です。

今の世代に生きて来れた事

  • Posted on 5月 27, 2014 at 4:45 PM

子どものころ図書館の近所に住んでいたおばあちゃんが見かける度に言っていた事がありました。苦労はしておきなさいと。最近の子どもは苦労知らずだ、ぬくぬくと育ちすぎていると。いつも優しいおばあちゃんで近所に住む子ども達はみんな大好きでした。子どもの頃はその言葉の意味が何の意味なのか良くわからず、なんでいちいち苦労しなきゃいけないんだと思ってたけど、大人になるとちょっとその意味が理解できて来ました。苦労した分だけ、いろんな事に立ち向かっていく事が出来るし、対応も出来る、強くなっている事に気づきました。昔はきっと対処できなかった事にも出来るようになり、落ち込んだり泣いたりする事もいい意味で少なくなってきました。強くなることは大事だけど、人の感情には敏感でいたいのでその辺は繊細でいたいと思っています。確かに今の時代はとても便利です。車もあるしテレビもある、ネットで買い物も出来るし、携帯やパソコンで本も読めるし映画まで見れてしまう。そんな時代への変化を見てきた世代の人たちにとっては、きっと私たち世代は楽をしているように見えるんでしょう。私たち世代には私たちなりの悩みがあるんだけど、確かに昔と比べたら便利になったかも。あらためてこの世代に生きている事をありがたく思い、おばあちゃんのあの言葉の意味も理解できて、少しは大人として成長できたかなと思う今日この頃です。